ソフィコのテクノロジー

成功を呼び込む方程式:最先端のテクノロジーを優秀な人材に提供し、自由に使う権限を与えること

開発プラットフォーム

ソフィコのコアソリューションであるMilesは、Java 8で動作するJEE7で開発しています。

また、Kubernetesをベースとするマイクロサービスのプラットフォームもあります。ここではJava Quarkus.ioフレームワークを主に用いてマイクロサービスを構築しています。さらに、Goなど、Java以外のサービスも提供しています。

フロントオフィスのポイントソリューション(ウェブポータル、モバイルアプリなど)は、Google Web Toolkit、Angular、Flutterなどのテクノロジーを利用しています:

アーキテクチャのフレームワーク

近年、ソフィコはクラウドベースの次世代プラットフォームでMilesコアソリューションを拡張してきました。クラウドネイティブなマイクロサービスのアーキテクチャではモジュール式に機能を提供でき、24時間無休で利用可能、柔軟にオンデマンドで拡張でき、ほぼリアルタイムでデータを統合して高度な解析を行うことが可能です。

リファレンスアーキテクチャ

リファレンスアーキテクチャは、ランドスケープを実装、管理、モニターするために使用する全コンポーネントを集めた特別なテクノロジーです。マイクロサービスプラットフォームは機能セットの実現に数種類のコンポーネントを使用します。以下はリファレンス実装で使用するテクノロジーの一覧です。

APIマネージャー

「APIマネージャー」はマイクロサービスプラットフォームの中核コンポーネントです。サービスAPIを外部へ提供し、サービスドキュメントを利用可能にし、また未許可のアクセスや悪意を伴うサービスの利用からサービスプラットフォームを保護する管理レイヤーとしても機能します。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはTykを選択しています。

IDプロバイダー

「IDプロバイダー」もアーキテクチャの中核要素です。APIマネージャーと緊密に統合し、サービスレベルで認証と承認を提供します。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはKeycloakを選択しています。

オブジェクトストア

「オブジェクトストア」はマイクロサービスのプラットフォームへクラウドネイティブなオブジェクト(ファイル)のストレージ機能を提供し、プラットフォームへ導入されるサービスが分散型のファイルストレージを利用できるようにします。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはMinioを選択しています(S3に対応)。

オーケストレーション

リファレンスアーキテクチャの「オーケストレーション」レイヤーはKubernetesを利用し、Jenkins、FluxCD、Helm Chartなどのツールを使用することでCI/CDを特に重視しています。

リバースプロキシ

「リバースプロキシ」はマイクロサービスのプラットフォーム内でシンプルな内部ネットワーキングを実現し、サービスプラットフォームへ開く必要のあるポート数を制限することで、外部から保護します。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはTraefikを選択しています。

ログ管理

「ログ管理」コンポーネントは、マイクロサービスのプラットフォーム内部でログの取得と解析を一括して行えるようにします。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはElastic Stackを選択しています。

モニタリング

「モニタリング」機能は、マイクロサービスのプラットフォームに関わるすべてのコンポーネントを詳細に監視します。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはDynatraceを選択しています。

キューイングシステム

「キューイングシステム」はマイクロサービスのプラットフォームで高度な並列処理を実現します。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはKafkaを選択しています。

データストリーミング

「データストリーミング」コンポーネントはキューイングシステムと緊密に連携しており、データベースとデータのパイプライン間で高速なデータ配信を可能にします。A参照アーキテクチャの構成要素として、「データストリーミング」コンポーネントはキューイングシステムと緊密に連携しており、データベースとデータパイプライン間で高速なデータ配信を可能にします。リファレンスアーキテクチャの構成要素として、ソフィコはGoldengateを選択しています。

Milesコア - 対応プラットフォーム

Milesコアは、OracleまたはSQLサーバーデータベースを搭載するアプリケーションサーバー(Websphere、JBoss、Weblogic)で実行できます。また、アプリケーションサーバーとしてJBoss EAP 7を使用するコンテナとしてもパッケージ化できます。以下は別のプラットフォームでサポートされます:Microsoft Windows Server、Red Hat Enterprise Linux Server (またはCentOS)、Suse Linux Enterprise、Sun Solaris。